二重査定という制度は中古車を取扱う業者にとって

特別に車の査定に関してだけではなくて、どんな分野でも同

二重査定という制度は中古車を取扱う業者にとっては好都合な制度ですが、利用者にはずいぶん不利なものです。悪質業者に至ると、巧妙に二重査定という制度を利用して、ずいぶん査定額を下げてくることもあります。

二重査定制度でのトラブルを避けるためにも、契約を結ぶ前に契約書をきちんと確認すること、査定時に正しく車の状態について伝えることが大切です。

よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、自動車の販売は好調です。業者の意図としては期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

売却を漠然と考えているのであれば、このチャンスを逃す手はありません。

それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格も最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。車を友達や知人に譲る場合、知り合いだからと安直に考えるのは危険です。

必要な手続きを終わらせていなければ、無駄になるお金を払わされることになるかもしれません。後から大きなトラブルとならないように名義変更などは大切な手続きなので漏れのないように完了させておきましょう。

車の買取査定を依頼するときは、その前に車の掃除だけは済ませておきましょう。

収納スペースを塞ぐものは最小限にとどめ、ボディがきれいなら埃を払う水洗い程度で構わないでしょう。

洗うとしても普段使っているカーシャンプーでサッと洗えば十分だと思います。以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、うっかりするとキズ・ハガレが生じるため、スーツ姿で触っても服が汚れないのを目安にすると良いでしょう(営業さんはスーツで来ます)。

屋内保管でも、走っていればホイール周りは汚れるのできれいにしておくと良いでしょう。

また、小キズをタッチペンで修正する人もいますが、買取後にプロが処理するほうがキレイですので、そのままにしておいてください。どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

虚偽申告は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

修復歴をあえて隠すというのは法律的には告知義務違反となり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。それに契約書をよく読んでいくと申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。備えあれば憂いなしと言いますが、車を売ると決めたら段取りをしておくほうが、気持よく査定も迎えられますし査定額にプラスに作用することもあります。

例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

また、パーツを交換しているなら本来のパーツに戻しておくことが大事です。

メーカー純正パーツの車というのは買取り査定ではプラスの査定がつく傾向にあります。

それと、短い時間で売却したいなら事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。車を手放す時の方法としては、ディーラー下取りというものがあります。でも、ディーラー下取りは、中古車買取専門業者にお願いするよりも安くなってしまう場合が珍しくありません。

一方、オークションに出してみるという方法もいいとは思うのですが、、手数料で、マイナスになる可能性が低くないというデメリットもあるのです。自動車を取引する場合、いろいろな出費が生じるということに忘れないようにしましょう。業者に車を買い取ってもらう際にも、手数料を払う必要があります。

業者との交渉が始まったら、車がいくらになるのかだけでなく、手数料がいくらになるのかも予め確認しておきましょう。

過失ゼロの状態で追突事故に遭い、車に損傷が生じた場合、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。では、その損失分を事故の相手方に払ってもらえるのかというと、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。個人間で調整したとしても保険会社としては支払い対象外とすることがほとんどだと思います。

どうしてもというのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士に相談する以外、手はありません。乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においては買値に影響しないのが普通です。

とはいうものの、もしスタッドレスを履いているままなら、出来るだけノーマルタイヤに付け直しておくことをおすすめします。タイヤの価格でいえばスタッドレスのほうが高いものの、真冬に残雪が残る地方というのは限られていますから、ノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してからでなければ販売できません。結局、その手数料として査定額から引くので、安くなってしまうのです。